ウォーターサーバーのボトル交換を楽にするには

###Site Name###

ウォーターサーバーに使われているボトル容量は、12リットルのものが多いです。

12kgもあるので、2~3歳児一人分ほどの重さがあるということです。

ウォーターサーバーを使う家庭のボトル交換の担い手は、大抵女性です。

そのため、あまりにもボトルが重いとウォーターサーバーを使う気持ちがしぼんでしまいます。



これを避けるには、最初からボトル交換の手軽さまで考えてサーバーを選ぶことが大切です。
最近では軽量化・小型化されているボトルが各メーカーから登場しているので、こちらを選んでみるといいでしょう。例えば、7リットル前後の軽量ボトルもあります。



12リットルが重く感じる人や、1ヶ月の水の使用量が少ない家庭にも向いているサイズです。


ただし、メーカーによっては12リットルと7リットルでは水の硬度が違うなど、成分に違いがあるケースもあるので、ちゃんと確認しておきましょう。

また、ボトル交換の楽さを謳っているメーカーのウォーターサーバーを選ぶという方法もあります。普通はボトル交換はボトルを持ち上げて上に設置しなければいけませんが、これが足元で行えるようになっているサーバーもあります。


カゴのような交換ボトルを足元に設置するだけなので、力の弱い女性や高齢者でも設置しやすいです。軽く押すだけでカチッとはまり、交換作業を終えることができます。



ボトルを軽くするか、交換作業が簡単にできるサーバーを選んで、便利に使いましょう。