水の成分で選ぶウォーターサーバー

###Site Name###

ウォーターサーバーは各社から出ていますが、ミネラルの含有量はどれもほぼ同じです。硬度も、日本人の口に合う軟水が使用されています。

含まれているミネラル成分で特徴的なのは、バナジウムとシリカです。これらの成分は、一部の採水地にしか含まれていません。

バナジウムは、富士山から採水した水に多く含まれています。
血糖値を下げてダイエットに役立ったり、熱中症対策にも有効と言われています。
ミネラルウォーターの成分でも人気があります。シリカは、熊本の阿蘇、島根の三瓶山などから採水された水に多く含まれています。


肌の保湿や、髪や爪の成長を助けてくれるミネラル成分です。



美容目的でウォーターサーバーを使いたい人には人気がある成分です。


他に含まれているミネラル成分はどこもだいたい同じで、ナトリウムとカリウム、マグネシウムとカルシウムです。
ミネラル分が多いほど硬度が高くなりますが、ウォーターサーバーに使用されている水は、ほとんど軟水なので飲みにくさを感じることはないでしょう。
ちなみに、完全にミネラル成分を取り除いてある水もあります。

こういう水が適しているのは、赤ちゃんやペット動物など消化吸収能力が弱いものたちです。



ミネラルは体に必要な成分ですが、吸収能力が未発達だと、ミネラルのせいで下痢をしてしまうこともあります。

また、ペット動物と人間に必要なミネラルの割合は違うので、ペットにあげたい人もミネラルが含まれていない水の方がいいでしょう。