コスパ重視のウォーターサーバー選びのポイント

###Site Name###

ウォーターサーバーは水道水に比べて値段が高いというイメージがありますが、選び方次第では想像よりも安く利用することが可能です。水選びにこだわってみると、安く利用できることが多いです。
まず、ウォーターサーバーに使われている水には天然水とRO水があります。
どちらも衛生面や安全性はほとんど変わりませんが、一般的には天然水の方が美味しい水と言われています。

とはいえ、それほど味にこだわる人でなければ、RO水でも十分美味しく水を飲むことができます。

安さで選ぶならば、天然水よりもRO水を選んだ方が安いです。



だいたい12リットル入りのボトルで、500~700円ほど安くなります。

RO水は原水を使わないので、500mlあたり50円前後で購入可能です。500mlペットボトルの水は100円前後しますが、RO水使用のウォーターサーバーであれば、半分くらいの値段で水を飲むことができます。
だいたい500mlあたり50円を切っている水を選ぶとコストパフォーマンスが良いでしょう。さらに、12リットルボトルを選ぶことで安く利用できるようになります。



軽量ボトルはボトル交換がしやすいというメリットがありますが、水の量が少ない割には高めです。



大量に安く水を飲むが目的ならば、12リットル入りのボトルで、RO水使用のもの、さらに500mlあたりの値段が50円以下のウォーターサーバーの中から選べばいいでしょう。
これならばコスパ重視で使うことができます。