レジャーやスポーツ施設でのウォーターサーバーの利用

###Site Name###

レジャーやスポーツの施設にウォーターサーバーを設置することで、売上を伸ばせる可能性があります。

例えば、野球場やサッカー場といった施設にウォーターサーバーを設置しておけば、スポーツによって失われた水分を簡単に補給することができます。

スポーツを行うと普段の何倍も汗をかいて水分が失われるので、熱中症対策としても取り入れてみるといいでしょう。



いつでも冷水を飲むことができます。ウォーターサーバーは12リットルサイズのボトルが多いので、大容量でたっぷり使うことができます。


また、水道管に直接繋げて使える水道直結型のサーバーならば、より多くの水を提供することができます。

他には、ボーリングやネットカフェなどのレジャー施設にウォーターサーバーを設置するのも良い方法です。

アクティブなレジャーを楽しむ際には、喉が渇きます。



ウォーターサーバーであれば、ゲームの合間にさっと給水できるので便利です。


フロアの一角にサーバーを設置しておけば、気の利いている店だからまたきたいと感じさせることもできるでしょう。
ネットカフェならば、温水が使えるサーバーが便利です。

熱湯が出るタイプならば、施設で手軽に温かいお茶を楽しんでもらうこともできます。



セルフサービスにすれば、独特のサービスで売上アップにもつながるでしょう。


家庭用として提供されているサーバーが増えていますが、もちろん公共施設にも設置可能なので、導入を検討してみましょう。